Mightex Systems

Polygon400 パターン照射・光刺激装置の技術

Mightex Polygon400 Technology


DMD方式 パターン照射・光刺激装置

Polygon400はDMD(デジタル ミラー デバイス)を使用して、複数の領域に光を照射することができます。

DMDは数多くの極小ミラーで構成されており、そのミラーの一つ一つを制御することで、必要な領域だけに任意の形で光を照射させることが可能です。


DMD方式 パターン照射・光刺激装置の利点

複数の領域を同時に照射。

高分解能で照射

高速なパターン切替

低コストで導入可能



顕微鏡への取り付け

Polygon400は専用のアダプターを介して、主要メーカー(ライカ, ニコン, オリンパス, ツァイス)の顕微鏡に取り付けることができます。

正立顕微鏡への取り付け

 

1ポジションキューブまたは3ポジション顕微鏡アダプターを本体と鏡筒の間に装着し、そのアダプターにPolygon400本体を取り付けます。

 

Polygon400の全てのモデルで対応 

 

右の動画をご覧ください。



倒立顕微鏡への取り付け

 

顕微鏡本体後部ポートにアダプターを介してPolygon400本体を取り付けます。

 

Polygon400の全てのモデルで対応 



マルチポート イルミネーター(MPI)

 

液体ライトガイドを介してワイドフィールド照明とPolygon400を同時に取り付けることのできるアダプターです。倒立顕微鏡や落射ポートがない正立顕微鏡にお使いいただけます。

 

Polygon-EとPolygon-Gで対応 



Cマウント

 

Cマウントポートしか空きがない場合でもアダプターを用意しておりますので取り付け可能です。

 

Polygon-EとPolygon-Gで対応 

LAPP

 

ニコンのLAPPシステムへの取り付けも可能です。

 

Polygon-Gで対応